ドレミと指番号の書いてある楽譜なら中級者向けの難曲も弾ける

ピアノを読譜による独学で弾こうとする人の殆どは途中で挫折して諦めてしまう人が多いですね。
その原因は、楽譜を理解することに時間がかかり、やる気をなくしてしまうからでしょう。

 

 

ピアノの基礎をまずはじめに学ぶという辛さを先に持ってくると、ピアノを演奏する喜びを知る前に、演奏意欲がなくなってしまうからです。
ですが、海野真理先生の30日でマスターするピアノ教本&DVD講座では、ドレミと指番号の書いてある楽譜なら、最初にピアノを弾くという演奏ありきです。

 

 

大人からピアノを始めるという初心者なら尚更、楽しむことを優先させなければ、レッスンの継続はありえませんね。

 

 

また、ショパンの「幻想即興曲」は、中級者向けの一見難しい曲で、大変なのは譜読み(音符を読むこと)です。ですが、海野先生が教える30日でマスターするピアノ教本&DVD講座なら、大きな壁にぶつかっても分からなくなるということがありません。

 

 

レッスンにつまずきそうになったとしても、演奏方法が分からなくなるという事はなく、指が上手く動かないなどの慣れの部分が大きいので、繰り返し練習することで、いずれはクリアできる問題です。
しかも、海野先生がDVDで丁寧に読み上げながら解説していますので、あなたは一緒に見ていくだけで大丈夫なんですね。

 

 

ついにあなたのレパートリーに誰もが憧れる名曲が加わるのです。
これまで独学の練習方法で難しいところも海野先生の編曲と練習方法なら一緒にゆっくり手元を見ながら弾けるから、中級者向けの難曲でも「あら?」と面白いほどスイスイ弾けるようになってくるでしょう。

 

 

なお、できるだけレッスンは少しの時間でもいいので毎日やった方が上達が早いです。指が徐々になめらかに動くようになってきますし、演奏を忘れないからです。
とは言っても、無理をして指を痛めたり、やる気を失ったら意味がないので、1日のレッスンは僅かでも構いません。無理なく楽しくが大人のピアノが上達する上でのポイントです。

 

 

中級者向け↓↓

初心者向け↓↓