ピアン初心者から中級レベルに上達するには?

ピアン初心者から中級レベルに上達するにはどうすれば良いのでしょうか?
大人からピアノをとにかく弾けるようになりたいとう方もいれば、もっと上達したいという向上心がある方もいらっしゃるでしょう。

 

 

人間誰しも、興味のあることや好きなことはもっと上達したいと思うものです。
大人がピアノが弾けるようになりたい方の中には、仕事や家事などで忙しいこともあり、時間の空いた時にピアノ教室にバタバタと駆けつけてレッスンをしていくような人もいますが、このような方やはり殆ど上達せず、長続きしないものです。

 

 

大人からピアノ教室のレッスンにきちんと通うことはとても大変なことなんですね。
仕事や時間の都合でピアノのレッスンに通えない人もたくさんいるでしょう。
それでもピアノをどうしても弾けるようになりたい方は、独学という手もありますよね。

 

 

ですが、ピアノの場合は、独学で習得できる部分と習わないと難しい部分があります。
例えば、ピアノを弾くために覚えなければいけないことには、音符の読み方や鍵盤の位置関係、指使い、音楽の各種の記号やその意味だったりと沢山あります。

 

 

ですが、これらは覚えようと思えば時間が掛かっても教本などを読めば分かることですから、独学でも十分に出来る部分です。
音符を鍵盤に移して音を出していく為の基本的な事さえ分かればピアノは弾けるでしょう。

 

 

ですが、ピアノはそれだけではありません。
毎日、自宅でピアノを独学で一生懸命に練習して間違えずに弾けても、まるで機械のような味気ない音しかでないようでは、とても音楽とは言えませんよね。楽譜通りに弾けることと、上手というのは少し違うんです。

 

 

音を音楽にするには、まず耳を養い、そして体の使い方などを覚えなければいけません。
また、自分の出している音が本当にそれでいいのかという判断だったり、柔らかくて綺麗な音を出す為の腕や手首の使い方、指の動かし方などは、やはり先生が弾いているのを見たり、練習方法などアドバイスしてもらうことによって身についていくものだと思います。

 

 

ピアノのレッスンで先生が弾く音や、手や指の動きを良く見て観察することは、上達する上でとても大切なことです。
また、ピアノを独学で困るのは教本選びでしょう。

 

 

最近は大人の為の独学用の教本なども増えてきましたが、その一冊やそのシリーズが終われば次にどのようなものに進んだらいいのか何も書いてありません。
特にピアノ初心者から脱して、中級者を目指すなら、読譜や指使いなどの演奏テクニック、表現力、リズム感など音楽に対する知識、それらの理解など、数多くのことをバランスよく身につけなければいけません。

 

 

現在は多くの楽譜なども市販されていますが、自分のテクニックだったり表現力を向上させていく為に、出来るだけスムーズに順序立った中級者の楽譜を選んだりすることは非常に難しいことです。

 

 

どうにか楽譜は読めて、自分が弾けるレベルの曲ばかりにすれば良いのであれば、楽譜選びなどには困ることはあまりないかもしれませんが、ピアノ初心者を脱して、向上心を持って更にその上の中級レベルを目指すなら、先生について学ぶか、もしくは初心者向けから中級レベルというように体系だった教材で学ぶことが一番です。

 

 

海野真理先生の30日でマスターするピアノ教本&DVD講座では、市販で売られている教材とは違い、体系だって初心者から中級レベルと順序立って、自分のペースで上達出来る内容になっています。
誰もが一度は弾いてみたい一見難しい曲も、先生と一緒にやるから憧れのクラシックの名曲も、あなたのレパートリーに加えることが出来るのです。そんな向上心を持ってより楽しく上達したい方には最適でしょう。

 

市販の教本などでは決して分からない、現役ピアノ講師だからこそのレッスンをご自宅で受けられます。

無理だと諦めていた名曲が自宅であなたも楽しく弾ける!

 

中級者向け↓↓

初心者向け↓↓