指番号はピアノ演奏を成功する第一歩

ピアノの指番号は演奏を成功する為にはおろそかにしてはいけませんね。
はじめてピアノを弾く時には、まずは指番号を覚えることが演奏を成功させる第一歩になります。

 

まずは、分かりやすく指番号を解説してある動画を見つけたのでご覧下さい。↓↓

 

 

動画にもあるようにピアノ初心者のシニアの方でも、順に並んでいるので直ぐに覚えられるでしょう。
右手も左手も親指が「1」で、左右に順に広がっていくようになります。

 

 

しかし、最初は4の指を動かそうとしても、直ぐには動かないかもしれません。
何故なら、脳から指に指令が伝わるまでに時間がかかるからです。
当然、そのような状態では、流れるような演奏はできませんよね。

 

 

ですが心配はいりません。指番号通りに指を動かす練習を重ねているうちに、次第に脳からの指令が指に伝わるまでの時間が面白いくらい短くなっていきます。
その為、演奏、更には脳の為にも、どんどん指を動かすと良いでしょう。

 

 

また、空中で動かす練習をしたり、紙の鍵盤を使うようにすれば、場所を選ばずにどこでも気軽にできますね。
ピアノを使って練習するようなら、右手の「1」の指を「ド」に置いて、他の指も自然に鍵盤において行いましょう。
左手の場合は、「5」の指を「ド」に置いて練習をすると良いと思います。

 

 

そして、ピアノを演奏している時に、良くミスする箇所があるような場合は、指番号に原因があるかもしれません。
これは私の経験ですが、弾きやすい指番号にかえたとたんに、つまずかなくなったということがあるからです。

 

 

ですので、指番号はピアノを上手に演奏するためのカギを握っていると言えるかも知れません。
実際にプロのピアニストの方でも、練習する前にはまず、指番号を振るという人もいるくらいです。

 

 

その為、毎回、必ず同じ指番号を使うようにしたほうが良いでしょう。
行き当たりばったりに、毎回違う指番号の指で弾いていると、人前で弾く時には緊張して、たいていつまずきます。
これは初心者はもちろんですが、中級者の方も同じです。

 

 

はじめのうちは、どの指を使えばいいのか分からないかもしれませんが、色々な曲を弾いているうちに徐々に分かってくるでしょう。

 

 

この海野真理先生の初心者向け【1〜3弾】は、指番号はもちろん、楽譜にはすべてドレミが書いてありますし、音を気にせずに練習出来る鍵盤シート、指をスラスラ動かす為の練習曲もあり、楽しみながら指を鍛えられるなど、様々な上達する為の工夫がしてあります。

 

中級者向け【ピアノ4〜6弾】30日でマスターするピアノ教本&DVDには、楽譜は3パターンあり、今回から指番号だけのものあるので、ドレミに慣れてきたという人は、ご自身の上達度に合わせて使い分け出来ます。
楽譜の基礎やピアノの弾き方などは一般的な王道を行くレッスンになっているので、指番号の振り方や決め方などもおのずと分かってくるようになり、自分の弾きたい曲もつまずかないで弾けるようになれるでしょう。

 

中級者向け↓↓

初心者向け↓↓