ピアノがこっそり弾けるようになる方法

ピアノがこっそり弾けるようになりたいと思いませんか?
そして、ピアノが弾けるようになった暁には誰に披露したいとお考えでしょう。

 

 

仲の良いお友達、それとも誰かの結婚式、離れて暮らしているお子さんやそれともお孫さんなど、これまでピアノが弾けないと思われているあなたが、いきなりピアノが弾けるようになって、なめらかで美しいメロディを奏でられるようになれたとしたら、みんな驚くことでしょう。

 

 

では、このようにピアノがこっそり弾けるようになって皆を驚かしたい場合にはどのような練習を選ぶべきでしょうか。ピアノ教室は大袈裟ですし、誰かに知られてしまうこともあるでしょう。
こうした時に独学でのレッスンをするという選択肢もありますね。

 

 

幸いに最近は電子ピアノのもあり、少ないスペースでもピアノ練習ができるようになり、ヘッドフォンを使えば騒音を出す心配もありません。そして、大手書店や楽器店などに行けば、初心者向けのピアノレッスン教本なども多くありますね。

 

 

その中から自分に合ったものを選べば良いように思いますが、ピアノ初心者ならどれを選んでいいのか判断基準が分からず、1冊に絞るのは難しいものです。

 

 

また、1冊に決めたとしても、その後に大きな難関が待ち構えています。せっかく意気揚々とピアノをマスターしようと思っても、まずは楽譜を覚えなければいけないという辛くて高い壁が立ちはだかっているのです。
もちろん、誰しもが初めは頑張って覚えようとしますが、やはり面倒な嫌いなことは長続きはしません。

 

 

独学でピアノレッスンを選んだ大人の殆どが途中で挫折してしまうのは、楽譜が読めるようになるという苦難の壁を超えることが出来ないからです。
もちろん、大人ピアノ初心者からでも、楽譜を読むことが苦にならないようなら別ですが、大人の趣味としてピアノを初歩から始めるようなら、楽譜を覚えるというレッスンから始まる教本はお勧めできません。

 

 

重要なのは、はじめの初歩の段階でピアノが弾けたという喜びなどの満足感を得られ、感動を味わえることこそが練習が続くようになるコツです。

 

 

そんな、楽譜が読めないピアノ初心者の大人からでも、年齢や性別に関係なく自宅で挫折することなく楽しくピアノがこっそり弾けるようになる、海野真理先生の30日でマスターするピアノ教本&DVD講座の上達方法は、下記から詳しくご覧になれますので参考にして下さい。

 

 

中級者向け↓↓

初心者向け↓↓