ピアノのテクニックや表現の言葉かけは重要

ピアノが上達するには、子供はもちろんですが、大人の方でもテクニックや表現の言葉かけは重要ですね。
これは教室などに通っている方なら実感していることではないでしょうか。

 

 

先生の見本演奏を耳で聴いて曲のイメージを作るだけでなく、音楽的な表現を言葉に置き換えて教えてもらうことも効果的です。
実際に本などで勉強しても、いざとなるとその知識をどう活用すればいいのか分からないことがありますよね。

 

 

例えば、音楽用語でフォルテ(f)がありますが、これは「強く」という意味合いですが、弾こうと思うと、身体はしっかり音を出そうとして固くなりやすいものです。
初心者の方で練習中なら尚更です。

 

 

ですが、「遠くに伸ばすように音を出そう」と言うと、初心者の方でもそれなりの音になるものなんですね。
ハノンでも、はっきりした音を出そうというよりも、きらきらした音を出そうという方が不思議と頭で考えるよりも、感覚でそういう音が出るものなんです。
イメージする力は本当に凄いです。

 

 

また、よく指が速く動くことや、大きな音を鳴らすことなどがテクニックと考えられていますが、柔らかい音色をつくったり、微妙な間をとって雰囲気を作ったり、感情を表現したりするのもやはりテクニックなんですね。

 

 

そして、ピアノの上達は練習にあるといっても過言ではないくらい重要ですが、どのように行えばいいのか分からない、もしくは考えないまま練習を続けている初心者や中級者の人も少なくないでしょう。

 

 

何となく曲の初めから弾いてみて、出来ないところを何回か弾いてみるなど、とりあえず繰り返すという練習になっていませんか?
もし、そうだとしたら、見る、聞く、弾くという3ステップでイメージをしっかり掴んでから取り組むと、より短時間で効率よく上達して、これまで難しいと感じていた憧れの曲も弾けるようになるかもしれませんよ。

 

 

受講者数8000人を突破!常識を覆したとても分かりやすい大人気のピアノレッスン

独学では分からない、現役ピアノ講師だからこそのレッスンをご自宅で受けられます。

 

中級者向け↓↓

初心者向け↓↓

 

 

関連ページ

ピアノは早ければその日に弾ける!
ピアノがこっそり弾けるようになる方法
ピアノは大人の趣味にぴったり
ピアノは何歳からでも楽しく上達できます
ピアノの習得は知っている曲から始めよう
指の流れを覚えて弾こう!
ピアノの基礎や技術は後からついてくる
ドレミと指番号の書いてある楽譜なら中級者向けの難曲も弾ける
独学で憧れの曲を弾くには?
一般のピアノ初心者向けの編曲は物足りないかも?
ピアン初心者から中級レベルに上達するには?
ピアノの独学は悪い癖がついたら何年分もの損
ピアノを諦める前にやっておくべきこと
大人のピアノ上達は努力よりもコツ
ピアノの上達感が持てる練習方法
ピアノを年齢を理由諦めるのはもったいない!
ピアノは指の流れで覚えよう
大人ピアノ初心者が早く上達するコツ
ピアノはリズム感がない大人でも上手く弾ける
ピアノが両手で弾けない
正しい練習をすれば何歳からでもピアノの技術は向上する
ピアノの指の独立について
「エリーゼのために」の弾き方
大人のピアノのおすすめ曲
ピアノの練習曲の選び方
楽譜を見ないてもすぐに弾ける曲を持とう
指番号はピアノ演奏を成功する第一歩
シニアならではのピアノの楽しみ方
ピアノの記号や音符を暗記するコツ
ピアノは心の健康が得られる
初心者のピアノの選び方