初心者のピアノの選び方

ピアノの選び方はどのようにしていますか?
趣味で大人からピアのを始める初心者の方の中には、これから購入しようと考えている人もいらっしゃるでしょう。

 

 

また、「ピアニストになろうというわけでもないし…」「果たして自分に弾けるのだろか」「いきなり高価な楽器を買うのも…」と悩んでいる方も少なくないかもしれませんね。

 

 

そこで、ピアノの選び方について私の考えをお教えしますね。
まず、自宅にお子さんが使わなくなったなど、ピアノが既に置いてあるような人は、ぜひまた活用してあげて下さい。

 

 

これまで使わずにずっとそのままだった場合は、調律をしてもらうことをお勧めします。
調律師は、近所の楽器屋さんに聞けば、すぐに紹介してもらえますし、知り合いでピアノを習っている人がいるようなら尋ねてみるのもいいでしょう。

 

 

そして、自宅に楽器がないので練習用のものが欲しいというような人は、電子ピアノがお勧めです。
もちろん本当のピアノに越したことはありませんが、価格も手頃ですし、ヘッドホンを使えば夜間でも練習できますよね。

 

 

いい音を追及するならきりがありませんが、ピアノの代用として練習に使うなら、10万円もすれば、本物にかなり近い音色やタッチのものが出ていますよ。

 

 

購入する場合は、普通のピアノをを弾いた時にギャップが少なくて済むように、鍵盤を弾いた時のタッチが本物に近い比較的重めのものを選ぶと良いでしょう。
ピアノ歴のある中級者の方でも、場所もあまり取らないので手軽に演奏を楽しみたいときにも最適です。

 

 

また、ポータブルキーボードから始めるのも一つの方法です。
価格も1万円前後からあり、近くの電気屋さんにおいてあることもあるので、気軽に購入出来るでしょう。

 

 

そういう私も、続けれるか不安だったので、最初はキーボードでした。
ですが、だんだん物足りなくなってきて電子ピアノを購入しました。
ただ、鍵盤が普通のものより小さめのものが時々あるので、同じサイズのものを選んでください。

 

 

更に強弱のつけ方も上達するには大切なので、強く弾けば大きな音、弱く弾けば小さな音といように、打鍵の強さによって音の大きさが変わるものを選ぶようにしましょう。

 

 

いずれにしても、どの楽器を使うにせよ、一曲弾けるようになる喜びは感動もので、私を夢中にさせてくれました。
考えてみれば、何かをしてもしなくても、年月の流れは誰しも歳をとるのです。私も最初はダメもとでやってみたんですが、今は幸せいっぱいです。
特に新しい曲を弾くたびに青春のワクワクしたときめきに浸ることが出来ますよ。♪

 

 

受講者数8000人を突破!常識を覆したとても分かりやすい大人気のピアノレッスン

独学では分からない、現役ピアノ講師だからこそのレッスンをご自宅で受けられます。

 

中級者向け↓↓

初心者向け↓↓

 

 

関連ページ

ピアノは早ければその日に弾ける!
ピアノがこっそり弾けるようになる方法
ピアノは大人の趣味にぴったり
ピアノは何歳からでも楽しく上達できます
ピアノの習得は知っている曲から始めよう
指の流れを覚えて弾こう!
ピアノの基礎や技術は後からついてくる
ドレミと指番号の書いてある楽譜なら中級者向けの難曲も弾ける
独学で憧れの曲を弾くには?
一般のピアノ初心者向けの編曲は物足りないかも?
ピアン初心者から中級レベルに上達するには?
ピアノの独学は悪い癖がついたら何年分もの損
ピアノを諦める前にやっておくべきこと
大人のピアノ上達は努力よりもコツ
ピアノの上達感が持てる練習方法
ピアノを年齢を理由諦めるのはもったいない!
ピアノは指の流れで覚えよう
大人ピアノ初心者が早く上達するコツ
ピアノはリズム感がない大人でも上手く弾ける
ピアノが両手で弾けない
正しい練習をすれば何歳からでもピアノの技術は向上する
ピアノの指の独立について
「エリーゼのために」の弾き方
大人のピアノのおすすめ曲
ピアノの練習曲の選び方
楽譜を見ないてもすぐに弾ける曲を持とう
指番号はピアノ演奏を成功する第一歩
シニアならではのピアノの楽しみ方
ピアノの記号や音符を暗記するコツ
ピアノは心の健康が得られる
ピアノのテクニックや表現の言葉かけは重要
ピアノのレパートリーを持とう