ピアノは何歳からでも楽しく上達できます

 

ピアノは何歳からでも楽しく上達できることをご存じですか?
とは言え、ピアノをこれから始める初心者の方にとって、練習を重ねてこそ上達するというイメージが強いせいか、これから始める方は様々な不安があることでしょう。

 

 

楽譜が読めるようになるのか?指が本当に動くのか?両手で弾けるようになるのか?など…。
音の高さやリズム、早さ、強弱、ペダルの踏み方、その他の表現に関する指示など、音楽の様々な情報が分かる楽譜は、読める方がもちろん便利です。

 

 

実は、ピアノを何年も習ったという人でも、 「楽譜がないと、演奏できない」という方は結構多いのです。
ですが、楽譜は情報量が多いことから、それだけ知っておかないといけないルールや項目も多岐にわたるので、楽譜に接する前から敬遠してしまうのも、ピアノを大人から始める方なら無理はないかもしれません。

 

 

ですが、まずは、この海野真理先生の30日でマスターするピアノ教本&DVD講座の全てドレミと指番号が書いてある、初心者でも見てすぐ弾けるようになる特別な楽譜で、ピアノを弾ける楽しさを味わって下さい。
そして、楽しむと一緒に、その時に取り組んでいる曲に出てきた項目をひとつずつ覚えながら、楽譜の読み方や音楽のルールをを学んで覚えていけばいいんですね。

 

 

そうしているうちに大人からピアノを始めた初心者の方でも、少しずつ楽譜にも慣れ、向き合えるようになってきます。
また、「左右の手が別々の動きをさせるなんて、とても難しいのではないか」「今の年齢から始めるのは遅いのではないか」と、これからピアノを始める方は思うかも知れません。

 

 

ですが、あまり心配しすぎるのは良くありません。そもそもピアノが今も昔も憧れの楽器ナンバーワンに君臨する理由の一つが、分かりやすいシンプルな楽器であることが挙げられるでしょう。
鍵盤は低音から高音まで順番に並んでおり、必要な音を選んで押さえるだけで綺麗なメロディーを奏でられ、いくつかの音を同時に弾けばハーモニーも楽しめるんです。

 

 

片手でも出来ますが、両手で弾けばいっそう幅広い音域で豊かなハーモニーを奏でられます。
焦らず、まずは楽しみながら曲を弾くように、段階を踏んで少しずつ練習していけば、必ず成果は実を結び両手で弾けるようになります。

 

 

そして、大人になってからピアノを始めるメリットは、これまで生きてきて聴いてきた多くの音楽や、それにまつわる思い出と共にピアノを弾くと言う新たな楽しみが出来ることです。

 

 

したがって、ピアノは何歳からでも楽しく上達でき、いつから始めるかなど年齢は関係なく、どう楽しむかが最も大切なんですね。
自分のペースで練習を重ねていけば誰にでも楽しめる楽器なので、毎日を美しく彩る趣味としてピアノと共に充実した毎日を過ごしましょう。

 

なお、参考までに海野真理先生の30日でマスターするピアノ教本&DVD講座の実際の楽譜を試しに下記からご覧ください。なんと「ふりがなと数字」があるだけで、いっきに楽譜が読みやすくなります。

 

中級者向け↓↓

初心者向け↓↓

 

 

関連ページ

ピアノは早ければその日に弾ける!
ピアノがこっそり弾けるようになる方法
ピアノは大人の趣味にぴったり
ピアノの習得は知っている曲から始めよう
指の流れを覚えて弾こう!
ピアノの基礎や技術は後からついてくる
ドレミと指番号の書いてある楽譜なら中級者向けの難曲も弾ける
独学で憧れの曲を弾くには?
一般のピアノ初心者向けの編曲は物足りないかも?
ピアン初心者から中級レベルに上達するには?
ピアノの独学は悪い癖がついたら何年分もの損
ピアノを諦める前にやっておくべきこと
大人のピアノ上達は努力よりもコツ
ピアノの上達感が持てる練習方法
ピアノを年齢を理由諦めるのはもったいない!
ピアノは指の流れで覚えよう
大人ピアノ初心者が早く上達するコツ
ピアノはリズム感がない大人でも上手く弾ける
ピアノが両手で弾けない
正しい練習をすれば何歳からでもピアノの技術は向上する
ピアノの指の独立について
「エリーゼのために」の弾き方
大人のピアノのおすすめ曲
ピアノの練習曲の選び方
楽譜を見ないてもすぐに弾ける曲を持とう
指番号はピアノ演奏を成功する第一歩
シニアならではのピアノの楽しみ方
ピアノの記号や音符を暗記するコツ
ピアノは心の健康が得られる
ピアノのテクニックや表現の言葉かけは重要
初心者のピアノの選び方
ピアノのレパートリーを持とう