ピアノは指の流れで覚えよう

大人からピアノを始める初心者の方は指の流れで覚えると速く弾けるようになることが出来ますね。

 

楽譜が読めない人でも楽しく始められる工夫が満載↓↓

 

 

通常、ピアノレッスンでは、お手本がない状態で練習曲を渡されるので自分で楽譜を見ながら音を組み立てていかないといけなくなり、まずは楽譜が読めないと、出だしの音さえ分からないので、「楽譜が読めるように」と言われるのは、この為です。

 

 

ですが、大人のピアノ初心者でも子供の頃に、小学校の音楽教室で、「ネコふんじゃった」を弾いたことがあるという人も結構多いのではないでしょうか。
では、どうして楽譜がないのに弾けたのでしょうか?

 

 

ピアノを弾くには、まずは楽譜が読めるようにならなければいけないという、これまでの常識に従うなら、「ネコふんじゃった」の楽譜を見たことがない初心者の人が、この曲を弾けるのは可笑しいですよね。

 

 

私もそうでしたが、実は見よう見真似なんですね。かえってこの曲の楽譜をみたら、弾けなくなってしまいます。
友達の弾く指の位置を見て、ドレミなど全く気にしないで、それこそ鍵盤の白黒の模様だけで、弾き方を覚えてしまっていたからです。

 

 

鍵盤上で直接曲を覚えるので、キーの位置だったり、指使いも一目瞭然です。
このように指の流れで覚えるようにすれば、大人から始めるピアノ初心者からでも、驚くほど簡単に弾けるようになるんですね。

 

 

この見よう見真似でピアノを覚える方法は、クラシックの曲にも当然有効です。
ただ、問題はどうやって指の流れを知るかということですよね。

 

 

もし、自分の周りに、練習に付き合ってくれる先生がいるならいいですが、多くの人はそうではないでしょう。
考えられるのは演奏のVTRなどの鍵盤を目で追う方法もあるでしょうが、私の経験から言えば、楽譜にカナを振るのが一番簡単です。

 

 

鍵盤の指の流れを一度記憶できるようなら、指の流れを覚える方法は何でもいいですが、ほとんどの人は一度どころか、何度同じことを繰り返しても、なかなか覚えられないものです。
そうなると、「あそこのキーは何の音だったかな」と迷った時に、音符にふられたカナで見直すのが一番簡単なんです。

 

 

 

ですが、曲が長くなると多くの人は、この覚えるということに、かなり苦労してしまうものですが、音楽というのは同じパターンで繰り返しというものがたいてい何処かにあるので、全体の構成を確認しておくと、曲を丸暗記するよりずっと楽になります。

 

 

また、ピアノ中級者の方でもなかなか思うように上達しないようなら、間違った思い込みをしているという場合も少なくありません。
間違えた思い込みをしていてると、当然ですが、思うように上達しないばかりか挫折の原因にもなってしまいます。
どちらにしても、大人の趣味でピアノを弾くなら、なるべくなら苦労せずに、楽に覚えたいものです。

 

関連ページ

ピアノは早ければその日に弾ける!
ピアノがこっそり弾けるようになる方法
ピアノは大人の趣味にぴったり
ピアノは何歳からでも楽しく上達できます
ピアノの習得は知っている曲から始めよう
指の流れを覚えて弾こう!
ピアノの基礎や技術は後からついてくる
ドレミと指番号の書いてある楽譜なら中級者向けの難曲も弾ける
独学で憧れの曲を弾くには?
一般のピアノ初心者向けの編曲は物足りないかも?
ピアン初心者から中級レベルに上達するには?
ピアノの独学は悪い癖がついたら何年分もの損
ピアノを諦める前にやっておくべきこと
大人のピアノ上達は努力よりもコツ
ピアノの上達感が持てる練習方法
ピアノを年齢を理由諦めるのはもったいない!
大人ピアノ初心者が早く上達するコツ
ピアノはリズム感がない大人でも上手く弾ける
ピアノが両手で弾けない
正しい練習をすれば何歳からでもピアノの技術は向上する
ピアノの指の独立について
「エリーゼのために」の弾き方
大人のピアノのおすすめ曲
ピアノの練習曲の選び方
楽譜を見ないてもすぐに弾ける曲を持とう
指番号はピアノ演奏を成功する第一歩
シニアならではのピアノの楽しみ方
ピアノの記号や音符を暗記するコツ
ピアノは心の健康が得られる
ピアノのテクニックや表現の言葉かけは重要
初心者のピアノの選び方
ピアノのレパートリーを持とう
難関曲に挑戦する前の練習方法のヒント
ピアノは知識を先に覚えても上達しない
ピアノで好きな曲を弾く練習のヒント
ペダルを上手に踏もう