楽譜を見なくてもすぐに弾ける曲を持とう

楽譜を見なくてもすぐに弾ける曲を持っていますか?
「1曲、何か弾いて下さい」と急に言われた時の為に、さっと暗譜で弾ける曲があると良いですね。

 

 

自分の大好きな曲が楽譜を見なくてもすぐに弾けたらこれほど素晴らしいことはありません。
大人からピアノを始める初心者の方なら、まずはここを目指して練習すると良いでしょう。これは中級者の方も同じで、色々な曲が暗譜で弾けたら重宝しますよね。

 

 

また、歌でも歌詞を見なくてもすぐに歌える自分が大好きなな歌を愛唱歌というように、楽譜を見なくてもすぐに弾ける曲を愛奏曲と呼ぶ人もいらっしゃるようです。

 

 

そんな愛奏曲の選び方は、とにかく自分が好きと思える曲を選びましょう。
そうでないと練習している途中で嫌になってきます。
また、実力以上の難しい曲は避けた方が無難です。最後まで失敗せずに弾けたほうが、好印象をもたれるからです。

 

 

更に、例えミスをしなくても、ただ弾いただけでの演奏では聴いている人は感動せず、素敵だと感じません
その為、どの音を響かせて、どの音を控えめにするかなどの音のバランスなどの音楽表現ができるように、 一杯一杯の演奏ではなく、7割くらいの力で弾ける余裕のある曲を選択すると良いでしょう。

 

 

いずれにしても、年齢に関係なく、新しいことにチャレンジする人は何歳になっても若々しく見えるものです。
ですが、逆に以前から知っていることや確実に出来ることばかりやって安心しようとすると、どんどん脳は衰えてきて老化してくるんですね。

 

 

と言うのも、脳から作られるドーパーミン(脳内物質)は、やる気などの意欲や学習などに関係しており、刺激を受けないと増えないのです。
逆に、これが分泌不足になったりすると認知症などを引き起こしやすくなるとも言われています。

 

 

その為、まだピアノをはじめていない方は一歩踏み出してみましょう。
80代からはじめた正真正銘の初心者の方でも、「エリーゼのために」や「乙女の祈り」などの様々な曲をそれは楽しそうに弾いていらっしゃいます。

 

 

このように、新しいことにチャレンジすることは、体も心も健康にしてくれるのです。
また、中級者の方なら、憧れていたピアノを弾けるようになるだけでも大きな喜びですが、滑らかな指の動きをマスターし弾ける曲のレパートリーを増やすなど、ピアノへの新たな挑戦は、より人生を豊かなものにしてくれるでしょう。

 

関連ページ

ピアノは早ければその日に弾ける!
ピアノがこっそり弾けるようになる方法
ピアノは大人の趣味にぴったり
ピアノは何歳からでも楽しく上達できます
ピアノの習得は知っている曲から始めよう
指の流れを覚えて弾こう!
ピアノの基礎や技術は後からついてくる
ドレミと指番号の書いてある楽譜なら中級者向けの難曲も弾ける
独学で憧れの曲を弾くには?
一般のピアノ初心者向けの編曲は物足りないかも?
ピアン初心者から中級レベルに上達するには?
ピアノの独学は悪い癖がついたら何年分もの損
ピアノを諦める前にやっておくべきこと
大人のピアノ上達は努力よりもコツ
ピアノの上達感が持てる練習方法
ピアノを年齢を理由諦めるのはもったいない!
ピアノは指の流れで覚えよう
大人ピアノ初心者が早く上達するコツ
ピアノはリズム感がない大人でも上手く弾ける
ピアノが両手で弾けない
正しい練習をすれば何歳からでもピアノの技術は向上する
ピアノの指の独立について
「エリーゼのために」の弾き方
大人のピアノのおすすめ曲
ピアノの練習曲の選び方
指番号はピアノ演奏を成功する第一歩
シニアならではのピアノの楽しみ方
ピアノの記号や音符を暗記するコツ
ピアノは心の健康が得られる
ピアノのテクニックや表現の言葉かけは重要
初心者のピアノの選び方
ピアノのレパートリーを持とう
難関曲に挑戦する前の練習方法のヒント
ピアノは知識を先に覚えても上達しない
ピアノで好きな曲を弾く練習のヒント
ペダルを上手に踏もう