ピアノの記号や音符を暗記するコツ

ピアノの記号や音符を暗記することがスムーズに出来ていますか?
新しい曲にチャレンジする時や、これまで全くピアノを弾いたことがないような人は、知らない記号や音符が出てくると戸惑いますよね。

 

 

ですが、闇雲に丸暗記しても、すぐに忘れてしまうのがおちです。
そこでピアノの記号や音符を暗記するコツとしては、意味を持たせて覚えると良いです。

 

 

というのも、年齢に伴って意味を持たない記憶というのは、年齢と共にどんどん低下してくるからです。
ところが、意味のあることを記憶するのは、加齢による影響をあまり受けないと言われています。

 

 

ですので、記号や音符を記憶する時には、興味のあることや過去の出来事などにに関連づけて、意味を持たせると覚えると忘れることも格段に減ってくるでしょう。

 

 

例えば、フェルマーター(FERMATA)という音楽記号があるのですが、この意味は「ほどよく伸ばす」です。
ですが、イタリア語では「停止する」という意味もあり、バス停の標識には"Fermata"の表示があるんですね。

 

 

イタリアに行った時に、バス停でこの記号をみたことがある。走ってきたバスが、この記号の前で止まり、乗客が乗り降りした後に出発した。
ピアノを弾く時にも、「これまで流れていた音楽をそこの記号で止めて、程良く伸ばしたら、また演奏し始めればいいんだ」と関連付けて覚えると良いかも知れません。

 

 

このようにすれば、その記号が出てきた時にすぐに思い出せますよね。
これは実際に私もやっている方法です。

 

関連ページ

ピアノは早ければその日に弾ける!
ピアノがこっそり弾けるようになる方法
ピアノは大人の趣味にぴったり
ピアノは何歳からでも楽しく上達できます
ピアノの習得は知っている曲から始めよう
指の流れを覚えて弾こう!
ピアノの基礎や技術は後からついてくる
ドレミと指番号の書いてある楽譜なら中級者向けの難曲も弾ける
独学で憧れの曲を弾くには?
一般のピアノ初心者向けの編曲は物足りないかも?
ピアン初心者から中級レベルに上達するには?
ピアノの独学は悪い癖がついたら何年分もの損
ピアノを諦める前にやっておくべきこと
大人のピアノ上達は努力よりもコツ
ピアノの上達感が持てる練習方法
ピアノを年齢を理由諦めるのはもったいない!
ピアノは指の流れで覚えよう
大人ピアノ初心者が早く上達するコツ
ピアノはリズム感がない大人でも上手く弾ける
ピアノが両手で弾けない
正しい練習をすれば何歳からでもピアノの技術は向上する
ピアノの指の独立について
「エリーゼのために」の弾き方
大人のピアノのおすすめ曲
ピアノの練習曲の選び方
楽譜を見ないてもすぐに弾ける曲を持とう
指番号はピアノ演奏を成功する第一歩
シニアならではのピアノの楽しみ方
ピアノは心の健康が得られる
ピアノのテクニックや表現の言葉かけは重要
初心者のピアノの選び方
ピアノのレパートリーを持とう
難関曲に挑戦する前の練習方法のヒント
ピアノは知識を先に覚えても上達しない
ピアノで好きな曲を弾く練習のヒント
ペダルを上手に踏もう