ピアノは知識を先に覚えても上達しない

大人からピアノを始める初心者の方や、中級者の方が独学でチャレンジしていくとなると、色々と心配や不安があるものですね。

 

 

楽器の王様とも呼ばれるピアノは、あの心地良い響きを耳にすれば、「自分も弾けたらなぁ」「もっと上手くなりたい」と思うものです。
でも「楽譜が読めない」「教室に通う時間がないから」など、多くに人はこのような言葉が続いてしまうかもしれません。

 

 

ピアノ教室で習うのと違って、アドバイスをしてもらえたり、目の前でお手本の演奏を聴けたりということが出来ませんし、楽譜が読めない初心者の方にとっては最初に覚えなければいけない知識が山ほどあるように思えて躊躇してしまうことでしょう。

 

 

でも、安心してください。
最初から知識などを全部覚えようとしたり、猛練習などをしなくても、楽しむという気持ちを持って続ければ上達できます。

 

 

何故なら、ピアノなどの楽器演奏は、スポーツなんかと同じでルールなどの知識を先に覚えたからといってすぐに上達するというものではないからです。
上達するには、慣れ親しむことなんです。

 

 

楽しみながらたくさん触れているうちに自然と腕もあがってきて、知識やテクニックも後からついてくるのです。
とは言え、全くやったことのない事に対しては、最初は身構えていまうかもしれません。
ですが、まずは肩の力を抜いて向き合って下さい。ピアノを弾く基本姿勢はまさにこれなんです。