ピアノで好きな曲を弾く練習のヒント

絶対に弾けるようになりたいという曲はありませんか?
大人からピアノ始める方の初心者の多くは、自分の好きな曲を弾きたいという熱意があるから始めると思います。

 

 

これは上達する上で必要なことですが、それ以上に大切なことは練習を継続させることです。
例えば、夏までに10キロ痩せたいと決心した人がダイエットを成功させる為には、食事や運動など徹底した自己管理が必要です。

 

 

ですが、それよりも今月は2キロ減らそうと、間食を控えるくらいで続けたほうがリバウンドもせず、無理な食事制限をするよりは、良い結果に繋がることが多いものです。

 

 

ピアノの練習もこれと同じで、最初から無理をすると後で挫折したり、指を痛めたりすることも少なくありません。
これは初心者はもちろんですが、中級者の方も同じです。

 

 

今日は4小節まで、明日は8小節目までというように、短く無理のない範囲を決め、それを着実にクリアしながら小さな達成感を積み上げたほうが、練習は楽しく続けれます。

 

 

特に始めて弾こうとする曲の楽譜を見た時に音域が広かったり細かい音符が密集していたりすると、「難しそう」という印象を持っものです。
しかし、楽譜を読むのが難しい曲と実際に演奏が難しい曲とは、必ずしも同じではありません。

 

 

独学でやるなら、練習に入る前に楽譜を一通り眺めて、練習のスケジュール想定して鉛筆で日付を書き込んでおくのも良でしょう。
但し、練習を継続させ、ゆっくりでもいいので着実に前に進むことがポイントです。

 

 

弾いてみたいという曲があるなら、まずは積極的にチャレンジしていきましょう。