ペダルを上手に踏もう

ペダルを上手に踏むことが出来ていますか?
ピアノには、下のほうに3つのペダルがついています。よく使うのが一番右側にあるダンパーペダルです。

 

ペダル

 

これを踏んでいる間は指を鍵盤から離した後も音が響いているようになるので、音を伸ばしたい時や持続させたりする場合に使います。
楽譜では記号で踏む、離す(切る)の表記がされます。

 

 

ペダルの正しい踏み方は、床にかかとをつけて、体重をしっかりかけて下まで踏むようにしないと効き目がありません。
悪い例としては、かかとが上がって自転車をこぐ時のようになっていたり、踏むたびに上半身を前後にペコペコ動かしたり、足を上にあげすぎていたり、逆に軽く触れた程度になっていることも多くみられます。

 

 

もし、力が弱くペダルを下まで踏み込むことが出来ないという人は、ペダルに取り付ける補助用の器具もあるので、足腰が弱い方や、膝の痛みがある方にお勧めです。

 

 

ただ、大人からピアノをはじめようと思っている初心者の方なら「右手と左手のことを考えるだけでも大変なのに」と心配されるかもしれませんが、大丈夫です。(^-^;
いきなり3つにチャレンジしようとしないで、まずは右手と左手が弾けるようにしていきましょう。

 

 

ペダルをいつからやるかは、両手を使って弾けることに慣れて余裕が出てきてからでいいです。
中級者の方なら、ペダルを多用する曲もどんどんやっていくといいですね。
足で踏むことで、音を長く響かせたり左のペダルを使えば音もソフトにすることも出来ますからね。

 

関連ページ

ピアノは早ければその日に弾ける!
ピアノがこっそり弾けるようになる方法
ピアノは大人の趣味にぴったり
ピアノは何歳からでも楽しく上達できます
ピアノの習得は知っている曲から始めよう
指の流れを覚えて弾こう!
ピアノの基礎や技術は後からついてくる
ドレミと指番号の書いてある楽譜なら中級者向けの難曲も弾ける
独学で憧れの曲を弾くには?
一般のピアノ初心者向けの編曲は物足りないかも?
ピアン初心者から中級レベルに上達するには?
ピアノの独学は悪い癖がついたら何年分もの損
ピアノを諦める前にやっておくべきこと
大人のピアノ上達は努力よりもコツ
ピアノの上達感が持てる練習方法
ピアノを年齢を理由諦めるのはもったいない!
ピアノは指の流れで覚えよう
大人ピアノ初心者が早く上達するコツ
ピアノはリズム感がない大人でも上手く弾ける
ピアノが両手で弾けない
正しい練習をすれば何歳からでもピアノの技術は向上する
ピアノの指の独立について
「エリーゼのために」の弾き方
大人のピアノのおすすめ曲
ピアノの練習曲の選び方
楽譜を見ないてもすぐに弾ける曲を持とう
指番号はピアノ演奏を成功する第一歩
シニアならではのピアノの楽しみ方
ピアノの記号や音符を暗記するコツ
ピアノは心の健康が得られる
ピアノのテクニックや表現の言葉かけは重要
初心者のピアノの選び方
ピアノのレパートリーを持とう
難関曲に挑戦する前の練習方法のヒント
ピアノは知識を先に覚えても上達しない
ピアノで好きな曲を弾く練習のヒント